2011年04月05日

.福島第1原発事故 国の基準の100倍の濃度の放射性物質を含む汚染水を海に放出

.福島第1原発事故 国の基準の100倍の濃度の放射性物質を含む汚染水を海に放出
フジテレビ系(FNN)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110405-00000635-fnn-soci

東京電力は、福島第1原子力発電所の敷地内にたまっている国の基準の100倍の濃度の放射性物質を含む水およそ1万1,500トンを海へ放出することを決め、4日午後7時すぎから開始したと発表した。
4日午後5時半ごろの会見で、東京電力は「さらに一段のご苦労をおかけすることに、非常に申し訳なく思っております」と話した。
東京電力は4日午後7時3分、福島第1原発で汚染水1万1,500トンの海への放出を開始した。
放出された水は、国の基準の100倍を超える濃度の放射性物質を含む汚染水だという。
4日午後4時半ごろの会見で、原子力安全・保安院は「人の健康への有意な影響はなく、大きな危険を回避するために、やむを得ないものと判断をいたしました」と語った。
海にしみ出した汚染水。
海産物に大きな影響を与えている。
東京・築地市場は、震災の影響で福島県や茨城県では漁が再開せず、取引量は震災前と比べて、2割以上少なくなっている。
鮮魚店の人は、「うちなんかも、やっぱり厳しいですよね。(売り上げは)3分の2ぐらいかな。今、現時点ね」、「まず、止めていただくことが先決ですよね。出ていないっていうところをやっていただいて、要するに水産資源はね、大丈夫だっていうことを発信していくべきだと思うんで」と話した。
懸念される風評被害だが、恐れていた事態が起きてしまった。
会見で、北茨城市平潟漁協は「すごく怒りがあります」と話した。
北茨城市の平潟漁協が、専門機関に魚の放射性濃度の測定を依頼した結果、1日に採取されたコウナゴから、4,080ベクレルの放射性ヨウ素を検出したことがわかった。
会見で、北茨城市平潟漁協は「コウナゴの方ですけど、これは業者さんがまだ津波の影響等がありますし、それに業務用の対策等がないということなので、ちょっと今のところ、出漁の予定はないということです」と話した。
コウナゴは、福島第1原発の南およそ60km、長浜沖1km、水深11メートルで取れたもの。
汚染水の流れについて、専門家に聞いた。
東京海洋大学の石丸 隆教授は、「黒潮と当たって、西に流れていくだろうと考えていたんですけど、実はよく見ると、沿岸に冷たい水が張りついていて、この中を南下してきたっていうのが、今の状況ではないかと思っています。出荷されているものを食べる分には全然、問題ないというふうに考えています」と話した。
魚については、これまで暫定規制値を定めていなかったが、政府は早急に規制値を検討する方針を示した。.




福島第1原発事故 汚染水の海への流出が止まらず シルトフェンスでの拡散防止を検討
フジテレビ系(FNN)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110405-00000638-fnn-soci

福島第1原子力発電所では、放射性物質で汚染された水の海への流出が止まらない。
東京電力は、汚染された水の流出を食い止めるべく、水を吸うと膨らむ性質がある吸水ポリマー、おがくずなどを投入するも不発に終わった。
そして4日、水の流出経路を確認するため、乳白色の入浴剤を投入した。
しかし、会見で東京電力は、「現時点で流出量については、大きな変化がないということと、いわゆるトレーサー(入浴剤)が出てきたというような状況ではない」と話した。
そこで新たに、流れ出た放射性物質を少しでも防ごうという方策の検討を開始した。
会見で、東京電力は「シルトフェンスですね、シルトフェンスと聞いています。海底まで達しているオイルフェンスのようなもの」と話した。
シルトフェンスを扱う業者は、「一般的に、海や川などの汚濁防止用のシートです。工事用に使います」と語った。
はたして、これで水の拡散防止につながるのか、なりふり構わぬ汚染水との戦いは続く。




低濃度汚染水、海への放出作業を開始
日本テレビ系(NNN)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110404-00000058-nnn-soci

 「東京電力」などは、福島第一原子力発電所から低濃度の汚染水を海へ放出するという緊急の措置を取ることを決めた。放出は4日午後7時、放水口から始まった。

 福島第一原発では、現在、建屋の中などにたまって作業の妨げとなっている高濃度の汚染水を原発内の処理施設に移そうとしている。しかし、処理施設にはすでに低濃度の汚染水があり、今回、東京電力などはこの低濃度の汚染水を海に放出することを決めた。

 放出される水には、通常認められている、海への放出限度の100倍となる放射性ヨウ素が含まれているということだが、経産省の原子力安全・保安院は「人の健康への影響はない」としている。

 今回の決定について、枝野官房長官は「安全確保のためにやむを得ない措置だ」としている。

 今回、低濃度の汚染水を海へ放出することで、原発内に高濃度の汚染水を移す場所を確保し、原子炉を冷やす本来の作業を急ぎたい考え。




「守るべきルールある」=汚染水放出、東電を批判―福島県漁連
時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000118-jij-soci

 福島県漁連の野崎哲会長は4日夕、取材に対し、東京電力が福島第1原発から低レベル汚染水を海に放出したことについて、「混乱している時でも守らなければいけないルールがある。漁連に直接知らせるべきだ」と述べ、東電の対応を批判した。
 一方、福島県の鈴木義仁農林水産部長は記者団に対し、「水産業に及ぼす影響はあまり大きくないと聞いているが、それでも(汚染水は)出ない方がいい。排水が海域に悪影響を及ぼさないよう祈っている」と語った。 







posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 02:35| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

★☆ 4.10広島シンポジウム プレ企画 ☆★      広島・上関へ行こう! 「奇跡の海」茶話会

以下、転送歓迎です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     ★☆ 4.10広島シンポジウム プレ企画 ☆★
     広島・上関へ行こう! 「奇跡の海」茶話会

 2011年3月11日の震災から,この国は未曾有の危機に直面しています.
多くの人々が原発の問題の深刻さを身をもって知る事となりました.

 それにもかかわらず,上関原発計画そのものが「中止」となったわけ
ではなく,今もなお原子炉設置許可へ向けた調査が継続されています.
原発は,今回のような事故が起こらなくとも,通常の運転で海に大きな
影響を与えます.

 上関町長島の海は,瀬戸内海の原風景を保存する「奇跡の海」として,
多くの研究者たちの注目を集めてきました.日本生態学会,日本ベント
ス学会,日本鳥学会は,生物多様性のホットスポットである「奇跡の海」
の良好な保存を強く要望してきました.海外の研究者たちも上関の動向
に熱い視線を送っており,4月10日,広島市で「奇跡の海を守ろう“カ
ンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性”国際シンポジウム」
が開催され,多くの方の来場を呼びかけています.

 研究者たちは,いつか瀬戸内海の原風景が復活するとき,この海こそ
が「よみがえりのための種子」になると言います.生き物たちの「声な
き声」の代弁者であるお二人の先生方のお話に耳を傾けてみませんか?

 お茶やお菓子の持ち込みも歓迎です.
 私たちの「今後」を共に語りましょう.


日 時:2011年4月3日(日)
    14:00から 第1部 向井宏さんを囲んで
    (「海の生き物を守る会」代表・京大特任教授)
    17:00から 第2部 加藤真さんを囲んで
    (京都大学教授・著書に「日本の渚」など)
    ※長島の自然を守る会からの報告も予定しています(交渉中).

参加費:無料(カンパ大歓迎です)

会 場:堺町画廊
    〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル Tel:075-213-3636
    e-Mail:sakaimachi-garow@h8.dion.ne.jp
    URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html


■4/10カンムリウミスズメ国際シンポジウムの開催!
奇跡の海を守ろう-“カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性”
日 時:2011年4月10日(日) 10:00-17:00
会 場:広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」
※プログラムや連絡先などの詳細は,以下のサイトをご覧ください.
https://sites.google.com/site/nagashimanoshizen/

☆せっかく行くなら,みんなでいきませんか?
新幹線でいくもよし,夜行バスでいくもよし.

■京都から広島・国際シンポジウム会場までのアクセス

◆新幹線 料金:10,280円(自由席)
  07:20京都駅発 → 09:05広島駅着(ひかり491号[広島行])
  07:43京都駅発 → 09:19広島駅着(のぞみ97号[博多行])

◆夜行バス JRバス青春ドリーム広島1号 料金:約5,000円
  21:40 京都発 → 06:11広島バスセンター(平和記念公園近く)着
 ※その他、WILLER EXPRESS社などが運行しています.

■お問い合わせはコチラまで
「奇跡の海」実行委員会@京都
e-Mail: kosaあgol.com(あ→@に変更)
電話・FAX:075-213-3636(堺町画廊)






posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 04:29| 京都 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごまめの歯ぎしり メールマガジン版...... 衆議院議員 河野太郎の国会日記 からの転載です。

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
河野太郎のツィッターはこちらから! @konotarogomame

フランス大使公邸で、来日中のナタリー・コシウスコ=モリゼ
環境大臣(原子力も担当)とベルナール・ビゴ原子力・代替エ
ネルギー庁長官にお目にかかる。

ビゴ長官の名刺は、裏にカラーロゴ入りの日本語。来日の意気
込みがわかる。大臣の名刺の裏側は、英語だった。

ビゴ長官から、日本に提供できる技術の説明がある。フランス
は、これまでに原子炉を廃炉にした経験があり、廃炉にした原
子炉を水で洗浄し、その洗浄水から放射性物質を分けて水を清
浄化することができる。

一つは汚染水を蒸留して、水と放射性物質を分離するやり方、
もう一つは汚染水に特殊な粘土を入れて、放射性物質を吸着し
て取り出すやり方。

長官は、今のように外部から水をかけていると、汚染水がどん
どん広がってしまうので、はやく周りの水を清浄化して、冷却
装置を修復するべきだと力説。

大臣は、サルコジ大統領と一緒に来日し、大統領からフランス
の技術のどれが今回使えるか、2日のうちに具体化しろという
指示を受けているそうだ。


ここ数日、IAEAの避難基準と日本政府の基準が違うという
質問と日本政府の対応が本当にこれでいいのか、政府は正しい
情報を出しているのかという質問を多く受けるようになった。

そろそろ日本政府とIAEAの合同対策本部を立ち上げるべき
ではないか。世界中の知見を集めるとともに、対策本部の出す
情報に対する信頼性を高めることにもつながる。

地震から3週間たって、未だに福島第一原発のモニタリングポ
ストの数字がリアルタイムで見られない。地震と津波でモニタ
リングポストの電源が失われたというのが当初の発表だったは
ずだが、「3週間がたっても電力会社がモニタリングポストの
電源を回復できないのはなぜか」と外国メディアに突っ込まれ
ると、「東京電力だからね」としかいいようがない。
===========================================================
メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/gomame/index.php

■発行:河野太郎
●購読申し込み・解除:  http://www.taro.org/
●関連ホームページ: http://www.taro.org/
●ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/mailform_contact.php

当レポートに掲載された記事は、全文を掲載する場合に限り転載・
再配布できます。






......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
河野太郎のツィッターはこちらから! @konotarogomame

311以後、日本の、そして世界のエネルギー戦略は変わらざるを
得ない。

特に日本のこれまでの誤ったエネルギー政策は転換されねばならな
い。

エネルギー政策を転換するという強い政治のリーダーシップの下、
それを実現するための合意形成とルール作り、そして技術開発が求
められる。

今後、原発の新規立地はできないし、政治的な決断で原発の新規立
地を止めるべきだ。この場合、40年で原発を廃炉にするというこ
とを考えると、ほぼ2050年までに日本の原発は止まることにな
る。

具体的には、2020年までに20%の省エネ・節電を実現し、廃
炉になる原子力の分を天然ガスと再生可能エネルギーで補っていく。

          2010    2020
省エネ          −     20%
再生可能エネルギー  10%     30% (37%)
原子力        25%     10% (13%)
天然ガス       25%     25% (32%)
石油石炭       40%     15% (18%)
( )内は2020年の電力構成に占める割合

最終的には、さらに省エネを進めながら、再生可能エネルギー10
0%を実現する。

欧州気候フォーラム、ドイツ環境諮問委員会、欧州再生可能エネル
ギー協会、ドイツ連邦環境庁などが再生可能エネルギー100%の
シナリオを掲げ始めているが、その多くは2050年に再生可能エ
ネルギー100%を打ち出している。

日本も、政治主導で2050年に再生可能エネルギー100%を目
指し、そのための合意形成やルール作り、そして技術開発を進める
べきだ。

2005年、太陽光発電の年間生産量は、1759MW、日本のシ
ェアは47%だった。それが、経産省と電力会社、与野党の原発族
の誤った政策により、坂道を転がり落ちるように地位を失っていっ
た。
       年間生産量  日本のシェア
2005  1759MW   47%
2007  4729MW   25%
2008  7350MW   18%
2009 10000MW以上 12%

この10年、全世界の自然エネルギーへの投資は、驚くべき勢いで
増えている。
2002   220億ドル
2003   270
2004   350
2005   600
2006   930
2007  1480
2008  1550
2009  1865
2010  2430

2010年末に全世界の風力発電の設備容量は1億9千万KW、そ
れに対して原発は3億8千万キロワット。このまま推移すれば、あ
と5年で風力発電の設備容量は原子力発電の設備容量を追い抜くこ
とになる。実際は、市場の拡大により、あと3年で風力と原子力の
設備容量は逆転するだろう。

日本の外では、再生可能エネルギーが驚くべき勢いで伸びている。

原発タリバンによる反再生可能エネルギープロパガンダから日本を
解き放たなければならない。
===========================================================
メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/gomame/index.php

■発行:河野太郎
●購読申し込み・解除:  http://www.taro.org/
●関連ホームページ: http://www.taro.org/
●ご意見・お問い合わせ: http://www.taro.org/mailform_contact.php

当レポートに掲載された記事は、全文を掲載する場合に限り転載・
再配布できます。





posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 04:27| 京都 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。