2010年04月05日

中国電力、祝島で原発説明会出来ず10.03.23 と2009年9月から現在のおおまかな状況






上関原発計画が浮上して28年経ちましたが、中国電力がこの28年間で初めて、祝島での説明会を開催することを発表したそうです。



祝島が中国電力の説明会を拒否している理由については祝島島民の会BLOGに詳しく掲載されています

http://blog.shimabito.net/?eid=919395


中国電力は、9月以降から埋め立て工事を強行しようとし、それに対する祝島島民の抗議に対しては4800万円の損害賠償請求と抗議行動1日につき940万円の間接強制の申し立てという、お金の圧力で島民らを脅すような行為を働いています。
特にこの間接強制については中国電力は島民の会全体を債務者としているため、祝島に住む原発に反対する住民ほぼ全員が中国電力に訴えられていることになるそうです。

そしてこの日に、このような状況の中で中国電力は祝島で説明会を開催しようしていたのでした。

金銭的な圧力をかけて、祝島島民を多額の損害賠償や間接強制で訴えておきながらぬけぬけと「理解を求めるために説明会を」というのは、順序が違うのではないでしょうか?

それでも祝島の方々のこのような正常な反応を理解出来ないのでしょうか。

なお、現在まで祝島は漁業補償金10億円以上を受け取っていないそうです。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★2009年9月から現在のおおまかな状況

2009年9月、  中国電力は建設予定海域の埋め立て工事を着工しようとするが、祝島の漁業者らによる抗議行動で約1か月の間、着工できず

10月の着工後、 抗議行動によって具体的な工事は進まない状況

11月、      工事を強行しようとする事業者と抗議する漁業者、カヤッカーらが海上で揉め、カヤッカーに負傷者1名が出る。負傷者は作業員や中国電力社員らを告発し、現在、捜査中。

12月15日、  中国電力は祝島島民2名及びカヤッカー2名に対して約4800万円の損害賠償を申し立てる。中国電力は同日、地元上関町に8億円を寄付

12月18日、  中国電力は原子炉設置許可申請を国に提出。1号機2012年6月着工予定、2018年3月運転開始予定とする(7度目の延期)。

2010年1月19日、中国電力が祝島の漁業者らを相手に申し立てていた妨害行為禁止を求める仮処分を認める決定が出る。漁業者ら債務者側は異議申し立て中。

1月29日、 改めて祝島の漁業者は支店総会で補償金の受け取り拒否を決議。(2000年に祝島の漁業者は漁業補償金約10億5000万円の受け取りを拒否したため補償金の半額は供託されており、没収の期限は2010年5月)

2月2日、 中国電力は仮処分決定を理由に、妨害行為1日につき約940万円の間接強制を祝島の漁業者らに求める訴えを申し立てる。この間接強制および仮処分への異議申し立てについての決定は本年3月中に出される見通し。

3月23日、 中国電力は計画浮上から28年間で初めて祝島での説明会を試みるも、島に上陸できず。

現在、祝島沖の上関原発計画予定地は陸上では多少作業はしているものの、海の埋め立て工事は止まっている状況とのことですが、いつ埋立作業が開始されるかはわからない模様。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




上関原発:島民らの妨害を禁止 山口地裁支部

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100403k0000m040097000c.html

 中国電力が山口県上関町で進めている原子力発電所の建設計画を巡り、山口地裁岩国支部(大島雅弘裁判官)は、反対派による沖合埋め立て工事の妨害を禁じ、続ける場合は1日当たり500万円の支払いを命じる決定を出した。1982年に建設計画が浮上後、原発反対運動を続けてきた上関町祝島の島民らに幅広く工事の妨害行為を禁じる内容で、島民らは反発している。

 中電によると、決定は3月31日付。地裁岩国支部は、祝島がある上関町の住民団体「上関原発を建てさせない祝島島民の会」と39人の会員に、工事の妨害行為を禁じる決定を1月18日付で出していたが、今回の決定で会員らによる異議申し立てを却下。併せて、同会と会員ら39人に埋め立て工事が終わるまで一切の妨害行為を禁じたうえで、1人でも違反した場合は、連帯して1日500万円を支払うよう命じた。

 中電側は、反対派の妨害で工事が遅延した場合、作業船の待機費用などで1日あたり約936万円の損害が生じると主張。反対派が決定に従わず工事を妨害することを想定し、同額の支払いを求める間接強制の申し立てをしていた。決定を受け、中電は2日、「今後、工事に対する一切の妨害行為を止めていただけるものと考えている」というコメントを出した。

 これに対し、同会の山戸貞夫代表は「裁判官は、今まで生活してきた島のすぐそばに原発ができてしまう島民の思いや生活について判断していない」と強い怒りをにじませた。【小中真樹雄】



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そもそもまだ国が原子炉の設置許可を出していないのに、山口県知事が埋立許可を出したというだけで、埋立工事をしようとすることの方がおかしいのではないでしょうか?

いろいろな学会からも環境アセスをやり直すように求める要望が再三出されているという状況もあります。






中電、祝島で原発説明会出来ずA 10.03.23
http://www.youtube.com/watch?v=qE6mXrJBsmA&feature=related





posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 01:29| 上関原発建設計画・祝島のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

上関原子力発電所建設計画の歴史

http://stop-kaminoseki.net/keii.htmlより
◎上関原発計画をめぐる経緯


1982.6 計画浮上
1983.4 町長選で推進派の片山秀行氏が初当選、その後5期20年町長の座に
1985.5 四代田ノ浦を「原発立地の適地」と中国電力より上関町に報告
1988.9 上関町より中国電力に誘致を正式申し入れ
1994.12〜1996.2 中国電力が立地環境調査
1996.11 中国電力が上関町に原発立地申し入れ
1998.9 中国電力が原発予定地の用地買収始める
1999.4 中国電力が環境リポート提出するも、この調査書のずさんさが指摘され、山口県、県技術審査会、環境庁、通産省などから追加調査を要請され、2年2ヵ月後の2001.6月再提出、同7月国が承認
2000.4 第107号共同漁業権管理委員会が関係8漁協で中国電力と漁業補償契約締結、祝島漁協は提訴
2000.5 中国電力が、漁業補償金総額125億5千万円の半額を支払う。祝島漁協は受取拒否し供託
2000.10 通産省が上関町で第1回公開ヒアリング開催
2001.4 経済産業省より突如山口県知事に上関原発についての意見照会、二井知事6項目21分野の条件付同意
2001.5 上関原発が総合資源エネルギー調査会電源開発分科会で了承され、6月11日官報掲載
2003.3 神社本庁が四代正八幡宮の林春彦宮司を解任
2004.10 新任の宮成宮司と役員会で、四代正八幡宮の神社地を中国電力に売却
2005.4 中国電力予定地詳細調査開始、2年間の予定が今も継続
2008.3.27 中国電力、上関原発の7度目となる着工延期を発表
2008.4.14 共有地裁判で、最高裁が二審を支持し住民側の上告を棄却
2008.6.17 中国電力が山口県に建設予定地の埋め立て許可申請
2008.8.25 中国電力が山口県に林地開発許可と保安林の指定解除を申請
2008.10.22 山口県が中国電力に公有水面埋め立て免許を交付


-------------------------------------------------------------

◎上関原発を巡る裁判の現状


●漁業権・・・・一審で祝島漁民の許可漁業・自由漁業の権利を認めたが、二審では認めず原告敗訴、現在上告中

●神社地・・・・原発に反対していた四代八幡宮の林春彦宮司を解任させ、八幡宮所有の"神社地"を売却した問題で、反対地主が氏子の権利を主張して提訴。一審は棄却、高裁への訴訟準備中



--------------------------------------------------------------------------------

◎中国電力、国の今後の予定


2008年12月詳細調査終了
  「詳細調査報告書」と共に「原子炉設置許可申請書」を国に提出
経済産業省が中国電力の報告書について安全審査許可が出次第、中国電力が工事計画認可申請をし、経済産業大臣が認可
2010年度1号機着工、2015年度運転開始
2013年度2号機着工、2018年度運転開始


----------------------------------------------------------------


上関原発建設中止を求める署名61万筆を国に提出
http://www.youtube.com/watch?v=KX6UTeaVhh4&NR=1



http://www.youtube.com/watch?v=0bMaaT00TeI&feature=player_embedded#
上関原発建設を進める中国電力は2009年10月7日、原発建設 予定地沖にブイ2基を設置し海の埋め立て工事に着手したと発表し た。祝島の人たちに対しては午前中「きょうの作業は中止した」と 告げた中での作業着手。中国電力は午後から会見し海の埋め立て工 事に着手したことを明らかにした。ブイを設置したのは建設予定地 を挟んで北側の取水口側と南側の放水口側のそれぞれ1基で7日午 前7時に設置した。

ーーーーーーーーーーーーーー
ブイ2基を設置したとのことですが、全部で9つ設置しなければならないとのことで、残り7つ設置する必要があるそうです。


(※現地のより詳しい状況については
・RadioActive http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/
・UrauraNews http://iwaijima.jugem.jp/
・上関原発:祝島の人々の闘い(動画集) http://www.youtube.com/view_play_list?p=2F848AE098E9ABED
・埋め立て阻止行動 動画集 2009/9/10〜9/22 http://shimabito.net/siryou%20200909100922.htm
をご覧ください)

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
中国電力
http://www.energia.co.jp/

ストップ!上関原発!
http://stop-kaminoseki.net/

上関原発を建てさせない祝島島民の会
http://shimabito.net

ミツバチの羽音と地球の回転 
http://888earth.net

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜







posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 00:59| 上関原発建設計画・祝島のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

日本全国からの布メッセージー上関原子力発電所建設計画に対する全国からの声



山口県の上関原子力発電所建設阻止行動の続く田名埠頭に、毎日続々と布メッセージが寄せられているようです。
Tシャツにメッセージを書いたものから様々で、映像とともに使用されている歌も良い感じです。
ぜひとも見て、何かを感じてください。


最近は「まだ集めていますか」「期限はありますか」という問い合わせを多いそうですが、メッセージは引き続き募集中していて、期限は特に設けない予定とのことです。

(送付先にさせて頂いている「祝島島民の会」の方々との相談のうえで判断されるそうです)


すべての映像・写真は、転載・転送・転用自由とのことです。



・YOUTUBE「全国から寄せられた布メッセージ(2009年9月27日・田名埠頭)」撮影:山戸孝/編集:冨田貴史

http://www.youtube.com/watch?v=QEbF-TP6_7U



・Picasaウェブアルバム「布メッセ−ジ」撮影:藤本直洋

http://picasaweb.google.co.jp/nuclear.trick/NkdKPB#




・上関デジブック「各地からのメッセージ―上関に寄せられた布メッセージの写真で
す―」撮影:全国のみなさん

http://www.digibook.net/open_blogparts.php?cd=u[3wPoNMQ55KIuWSNG]r[94e674b28
f0f7251feeb6da587c4aea8
]



posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 02:56| 上関原発建設計画・祝島のことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。