2010年09月08日

六ヶ所再処理工場(青森県)の竣工が2年延期されるとのことです。

再処理工場の竣工が2年延期されるとのことです 
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100901133422.asp



再処理工場完工時期延期/県民の理解どう得る
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100902092833.asp
 日本原燃が六ケ所再処理工場の完工時期の延期方針を固めた。約2年の延期幅は、18回目となる計画延期の中では過去最長。既に高レベル廃液漏れや溶融炉のレンガ落下により、10月完工延期は避けられない事態となっていたが、また延長か−との県民の不信は増大する一方だ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 2006.3.31アクティブ試験開始時点では2007.8月完成予定でしたから既に丸3年そして
後2年となると5年の延期です。普通の民間の企業ならば廃止されてもおかしくない工場です。


親会社の電事連・9電力会社や、原子力安全・保安院、原子力委員会の心中はいかがなものでしょうか?工場の維持費は私達の電力料金に上乗せされていますが、そのことを知っている人があまりいないと思ってタカをくくっているのでしょうか?その辺からも抗議していかなければなりません。

 7月に高レベル放射性廃液の濃縮缶の事故が2件ありました。この事後報告書はまだ出ていないそうで、今回の大幅延期に関係しているかもしれません。

 

 今回の延期はアクティブ試験開始後9回目ですが、最長の延期になります。


もんじゅも中継装置の炉内落下事故があり長引きそうです。税金の無駄使いも極まっています。


核燃料サイクルは夢のまた夢。というより悪夢でしょうか。
推進したい人の中でも、その人自身が生きているうちに、核燃料サイクルが完成すると本家で思っている人はいるのでしょうか???








posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 04:28| 京都 ☔| 六ヶ所再処理工場の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

新たに保安規定違反4件/原燃



・新たに保安規定違反4件/原燃 (東奥日報)

経済産業省原子力安全・保安院は9日、六ケ所村の核燃料サイクル施設で、原子炉等規制法に基づく4件の保安規定違反が見つかった−と発表した。4月の発表に続き本年度2回目で、違反件数は計9件となった。保安院は、今年1、2月の高レベル放射性廃液漏れ以降、トラブルや保安規定違反が繰り返されていることを問題視しており、再発防止策の実施状況を再確認して24日までに報告するよう原燃に指示した。

詳しくはこちらから。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20091109214426.asp

・保安院は「いずれもマニュアル通り行えば起こらなかった違反。今回は安全に直接影響する個所ではなかったが、何かあってからでは遅い」と指摘しているそうです。



・東奥日報の再処理工場や原子力に関する記事はこちらから。
http://www.toonippo.co.jp/kikaku/kakunen/new_index.html


posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 14:35| 六ヶ所再処理工場の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

再処理施設でまた放射能水漏れ 青森・六ケ所村・朝日新聞など



朝日新聞ニュースより
http://www.asahi.com/national/update/1023/TKY200910230358.html
 
青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場内で約20ミリリットルの液漏れがあり、成分を分析した結果、高レベル放射性廃液の約半分の濃度の放射能が検出された。23日、日本原燃が発表した。外部への放射性物質の影響はないという。原燃は、原因と再発防止策をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に報告する。同じ建屋では、1月から2月にかけて、高レベル放射性廃液が約150リットル漏れている。液体は、前回漏れた高レベル放射性廃液を洗浄した水の残りか、新たに漏れた高レベル放射性廃液の可能性があるという。


 原燃によると、22日午前2時ごろ、高レベル放射性廃液をガラス固化体にする建屋内の洗浄作業の準備中、作業員が配管下のトレーに液体がたまっているのを見つけた。作業に使う遠隔操作のクレーンのチェーンが配管のふたに触れたことが原因と見られる。


液体は高レベル廃液/再処理漏えい3度目
(2009/10/30) ・デーリー東北
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2009/kn091030a.htm



万全≠フはずが繰り返す悪循環/廃液漏れ
(2009/10/30)・デーリー東北
http://www.daily-tohoku.co.jp/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2009/kn091030b.htm

原燃「県民に申し訳ない」・東奥日報
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20091030130917.asp


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
事業者である日本原燃は、原因と再発防止策をまとめ、11月中に最終報告書を経済産業省原子力安全・保安院に報告するそうです。
供給されないはずの廃液が配管内にあった原因も分かっていないため、洗浄の中断が再び長期化し、2010年10月終了予定の試運転も、停滞がさらに長引く可能性が高まってきた、とのことです。



posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 21:22| 六ヶ所再処理工場の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。