2011年03月02日

転送も大歓迎です。どうぞよろしくお願い致します。

転送も大歓迎です。どうぞよろしくお願い致します。

◎3月6日(日) トークイベント(1)14:00から(2)17:00から 
 長島の自然を守る会 高島美登里さん
◎4月3日(日) トークイベント(1)14:00から(2)17:00から
 (1)向井宏さん(「海の生き物を守る会」代表・京大特任教授)
 (2)加藤真さん(京都大学教授・著書に「日本の渚」)
◎「長島の自然」写真パネル展
 「スペースふうら」(大阪)3月1日から3月20日ごろまで
 「キッチン・ハリーナ」(京都)3月1日から3月末まで


以下、転送歓迎です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ☆★  3月6日(日) 緊急報告会  ★☆

        中国電力が埋め立て工事を強行!
   「上関原発計画で危機にさらされる長島の生きものたち」

現地より、長島の自然を守る会代表 高島美登里さん をお迎えして
http://www2.ocn.ne.jp/~haguman/nagasima.htm

日 時:2011年3月6日(日) (1)14:00から (2)17:00から
    ご都合の良い方にご参加ください.
参加費:無料(カンパ大歓迎です)
会 場:堺町画廊
    〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル Tel:075-213-3636
    URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html

瀬戸内海で最後に残された生物多様性のホットスポット“上関”.
ここは国の天然記念物で国際的な保護鳥でもあるカンムリウミスズメを
はじめ,多くの希少生物が生息し,瀬戸内海の原風景が残された「奇跡
の海」です.

※4月3日(日)にも関連イベントを行います.詳細は下記をお読みください.


--


■4/10カンムリウミスズメ国際シンポジウムの開催!
奇跡の海を守ろう-“カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性”
日 時:2011年4月10日(日) 10:00-17:00
会 場:広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」
※プログラムや連絡先などの詳細は,以下のサイトをご覧ください.
https://sites.google.com/site/nagashimanoshizen/

■京都プレイベントのご案内「広島・上関へ行こう!」
4月の広島国際シンポジウムに向けて,京都でプレイベントを行います.
会場にはご案内する者がおりますので,お気軽にご相談ください.

トークイベント 参加費無料(カンパ大歓迎です)
◎4月3日(日) (1)14:00から (2)17:00から
 (1)向井宏さんをお迎えして
    (「海の生き物を守る会」代表・京大特任教授)
 (2)加藤真さんをお迎えして
    (京都大学教授・著書に「日本の渚」)
参加費:無料(カンパ大歓迎です)
会 場:堺町画廊
    〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル Tel:075-213-3636
    e-Mail:sakaimachi-garowあh8.dion.ne.jp(あ→@に変更)
    URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html

■「長島の自然」写真パネル展も開催中!
◎「スペースふうら」3月1日から3月20日ごろまで
大阪・地下鉄中央線「深江橋」駅
http://www4.plala.or.jp/fuura/index.html

◎「キッチン・ハリーナ」3月1日から3月末まで
京都・京福電鉄叡山線「元田中」駅
http://kitchen-halina.net/

■京都から広島・国際シンポジウム会場までのアクセス
☆せっかく行くなら,みんなでいきませんか?
新幹線でいくもよし,夜行バスでいくもよし.

京都から広島・国際シンポジウム会場までのアクセス

◆新幹線 料金:10,280円(自由席)
  07:20京都駅発 → 09:05広島駅着(ひかり491号[広島行])
  07:43京都駅発 → 09:19広島駅着(のぞみ97号[博多行])

◆夜行バス JRバス青春ドリーム広島1号 料金:約5,000円
  21:40 京都発 → 06:11広島バスセンター(平和記念公園近く)着
 ※その他、WILLER EXPRESS社などが運行しています.

■お問い合わせはコチラまで
「奇跡の海」実行委員会@京都
e-Mail: kosaあgol.com(あ→@に変更)
電話・FAX:075-213-3636(堺町画廊)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※3月20日(日)に大阪でも、関連イベントがあります。

奇跡の海 瀬戸内海生物多様性のホットスポット 
上関の自然を守ろう!原発建設を止めよう!関西の集い

3月20日(日)14:00〜17:00 エル・おおさか(天満橋)2F文化プラザ
アクセス http://bit.ly/6v0uTh

講演:向井 宏 京大フィールド科学教育研究センター特任教授
   「上関の海の生き物の多様性と重要性、原発の問題点」

連絡先 中川慶子 0797-88-1381 kein@polka.plala.or.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 00:57| 京都 ☁| 催し・上映会・企画の案内だよ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転送も大歓迎です。どうぞよろしくお願い致します。

転送も大歓迎です。どうぞよろしくお願い致します。

◎3月6日(日) トークイベント(1)14:00から(2)17:00から 
 長島の自然を守る会 高島美登里さん
◎4月3日(日) トークイベント(1)14:00から(2)17:00から
 (1)向井宏さん(「海の生き物を守る会」代表・京大特任教授)
 (2)加藤真さん(京都大学教授・著書に「日本の渚」)
◎「長島の自然」写真パネル展
 「スペースふうら」(大阪)3月1日から3月20日ごろまで
 「キッチン・ハリーナ」(京都)3月1日から3月末まで


以下、転送歓迎です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ☆★  3月6日(日) 緊急報告会  ★☆

        中国電力が埋め立て工事を強行!
   「上関原発計画で危機にさらされる長島の生きものたち」

現地より、長島の自然を守る会代表 高島美登里さん をお迎えして
http://www2.ocn.ne.jp/~haguman/nagasima.htm

日 時:2011年3月6日(日) (1)14:00から (2)17:00から
    ご都合の良い方にご参加ください.
参加費:無料(カンパ大歓迎です)
会 場:堺町画廊
    〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル Tel:075-213-3636
    URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html

瀬戸内海で最後に残された生物多様性のホットスポット“上関”.
ここは国の天然記念物で国際的な保護鳥でもあるカンムリウミスズメを
はじめ,多くの希少生物が生息し,瀬戸内海の原風景が残された「奇跡
の海」です.

※4月3日(日)にも関連イベントを行います.詳細は下記をお読みください.


--


■4/10カンムリウミスズメ国際シンポジウムの開催!
奇跡の海を守ろう-“カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性”
日 時:2011年4月10日(日) 10:00-17:00
会 場:広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」
※プログラムや連絡先などの詳細は,以下のサイトをご覧ください.
https://sites.google.com/site/nagashimanoshizen/

■京都プレイベントのご案内「広島・上関へ行こう!」
4月の広島国際シンポジウムに向けて,京都でプレイベントを行います.
会場にはご案内する者がおりますので,お気軽にご相談ください.

トークイベント 参加費無料(カンパ大歓迎です)
◎4月3日(日) (1)14:00から (2)17:00から
 (1)向井宏さんをお迎えして
    (「海の生き物を守る会」代表・京大特任教授)
 (2)加藤真さんをお迎えして
    (京都大学教授・著書に「日本の渚」)
参加費:無料(カンパ大歓迎です)
会 場:堺町画廊
    〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル Tel:075-213-3636
    e-Mail:sakaimachi-garowあh8.dion.ne.jp(あ→@に変更)
    URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html

■「長島の自然」写真パネル展も開催中!
◎「スペースふうら」3月1日から3月20日ごろまで
大阪・地下鉄中央線「深江橋」駅
http://www4.plala.or.jp/fuura/index.html

◎「キッチン・ハリーナ」3月1日から3月末まで
京都・京福電鉄叡山線「元田中」駅
http://kitchen-halina.net/

■京都から広島・国際シンポジウム会場までのアクセス
☆せっかく行くなら,みんなでいきませんか?
新幹線でいくもよし,夜行バスでいくもよし.

京都から広島・国際シンポジウム会場までのアクセス

◆新幹線 料金:10,280円(自由席)
  07:20京都駅発 → 09:05広島駅着(ひかり491号[広島行])
  07:43京都駅発 → 09:19広島駅着(のぞみ97号[博多行])

◆夜行バス JRバス青春ドリーム広島1号 料金:約5,000円
  21:40 京都発 → 06:11広島バスセンター(平和記念公園近く)着
 ※その他、WILLER EXPRESS社などが運行しています.

■お問い合わせはコチラまで
「奇跡の海」実行委員会@京都
e-Mail: kosaあgol.com(あ→@に変更)
電話・FAX:075-213-3636(堺町画廊)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※3月20日(日)に大阪でも、関連イベントがあります。

奇跡の海 瀬戸内海生物多様性のホットスポット 
上関の自然を守ろう!原発建設を止めよう!関西の集い

3月20日(日)14:00〜17:00 エル・おおさか(天満橋)2F文化プラザ
アクセス http://bit.ly/6v0uTh

講演:向井 宏 京大フィールド科学教育研究センター特任教授
   「上関の海の生き物の多様性と重要性、原発の問題点」

連絡先 中川慶子 0797-88-1381 kein@polka.plala.or.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 00:48| 京都 ☁| 催し・上映会・企画の案内だよ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

「六ヶ所村通信4」上映会&ライブ・写真展1月27日(木)

1月27日(木)に「六ヶ所村通信4」上映会&ライブ+写真展があります。

僕がご飯作ります。僕のライブもあります。会場のエイコンズも素敵なところですよ。

タイミング合うようでしたらぜひとも来て下さいませ。




以下転送・転載も歓迎します。
--------------
==「六ヶ所村通信4」上映会&ライブ==
1月27日(木)

入場料:1200円
オーガニック和食:600円にて

場所:エイコンズビレッジ(京都市北区紫野西野町49)
(市バスにて「船岡山」下車、東へ徒歩1分バイク屋横の路地入る)
TEL:075-493-2983
メール:hiroeabe@livedoor.com


19:00〜六ヶ所村通信no,4上映

20:30〜・高野きよきライブ
(2007年9月のエイコンズオープンマイクで初めて人前で歌ったよ。
 2008年5月より京都三条ラジオカフェで番組「STOP六ヶ所再処理」
のパーソナリティーをしているよ。たま〜にラジオでも歌ってるよ。)
 http://stoprokasho.seesaa.net/archives/201012-1.html

・阿部ひろ江バースデーライブ♪(この日は阿部のちょっと特別な誕生日です!!)
エイコンズビレッジ:http://www.eonet.ne.jp/~acorns/
ブログ・ひろえの唄旅日記:http://blog.livedoor.jp/hiroeabe/


「六ヶ所村通信4」
http://www.rokkasho-rhapsody.com/_dvd/rokkasho_news4

今回の通信no.4 は2007年8月から2008年2月の終わりまでの取材スケッチです。
現実が動き始める、その瞬間・・・「六ケ所村通信no.4」完成にあたって・・・
「六ヶ所村通信no.4」はこれまでの4本の中でも最も激しく動き始めた現実を記録したものとなりました。
・・・・
「核燃料サイクル計画」:使用済核燃料を再処理しプルトニウムを取り出すーは国策であり、日本は原子力立国を宣言しました。世界はこれからのエネルギーをどうするのか揺れています。地球温暖化をもたらした大量生産・大量消費・大量廃棄の文明の岐路に立っているのです。
六ヶ所をめぐる問題はもう一つ新たな要素を含んでいます。私たち1人1人生き方が未来を決めるというビジョンが初めて現実に共有されつつある時代に問われているのは、政府でもなく、産業でもなく、まさしく私たちのあり方と選択だということです。・・・・

1.オープニング
・・・・映画公開の直後、再処理工場は最終試験段階にはいりました。

2.WAVEMENT
2007年8月 再処理工場の事を知ったサーファーたちが六ヶ所をめざす旅に出ます。・・

3.上映会in千葉

4.花とハーブの里―訪問客
菊川慶子さんが14年前から始めたチューリップ祭りは六ヶ所村の風物詩になっています。菊川さんは核燃に反対しつづけてきましたが、一方で核燃計画は着々と進んできました。映画の公開後、増え続ける訪問客の対応に追われる菊川さんに、この日、立命館大学の学生が直裁な質問を投げかけます。誰のために運動をしているのか?―と。

5.苫米地さんの苦悩
十和田市で無農薬・有機でお米を13年間、作ってきた苫米地ヤス子さんはこの年、肥料も使わないでお米を作ってみました。収量が落ちてしまったのは前にも増して雑草が生い茂ったからです。隣の田んぼの農家は除草剤が楽だから田んぼにも入らなくなったと言います。放射能の事は理解されにくい、と苫米地さんは稲刈りをしながら来年もお米を作り続けるか悩んでいます。

6.臨界事故:避難訓練

7.あしたの森の若者たち
花とハーブの里から車で5分、伐採された山林に植樹をしようと若者たちが歌を口ずさみながら集まってきました。07年春分の日に島根原発を起点に夏至までの3ヶ月間、六ヶ所まで植樹をしながら歩いたWALK9のメンバーたちです。これを主導した正木高志さんはここに木を植えることで人間たちが自然から学ぶことができるーと語ります。
カナダからセヴァン・スズキさんもやってきました。若者たちの明るい声が響き渡ります。

8.署名提出

9.苫米地さん、川口さんを訪ねる

10.NO NUKES MORE HEARTS

11.六ヶ所村で生きる
・・・
工場内での点検要員の募集があり、雇用問題も解決されました。岡山建設の岡山勝廣会長は推進派も発信しなければ、と語ります。とまりクリーニングの小笠原聡さんは仕事があることの大切さを語りながら反対派のおかげでバランスがとれているのだ、対話もできると言います。

12.市民の声
八戸に住む山内雅一さんは青森県庁へこの2年間陳情や申し入れを続けてきました。
この日は全量放出されるクリプトンの除去装置をつけてくれるように申し入れにやってきました。青森県の職員は
大量に出ても拡散して人間への影響は0.022ミリシーベルトとなるので問題はないという見解をこれまで同様繰り返します。その数字が持つ矛盾を山内さんたちは鋭くついていきます。やがて、職員たちは・・・

2008年4月22日    鎌仲 ひとみ(HPより抜粋)


−−−−−−−−−−
写真展もやってます。
1月23日(日)、26日(水)、27日(木)、29日(土)12:00〜18:00
1月30日(日)11:00〜16:00 









posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 00:38| 京都 ☀| 催し・上映会・企画の案内だよ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。