2011年04月02日

★☆ 4.10広島シンポジウム プレ企画 ☆★      広島・上関へ行こう! 「奇跡の海」茶話会

以下、転送歓迎です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     ★☆ 4.10広島シンポジウム プレ企画 ☆★
     広島・上関へ行こう! 「奇跡の海」茶話会

 2011年3月11日の震災から,この国は未曾有の危機に直面しています.
多くの人々が原発の問題の深刻さを身をもって知る事となりました.

 それにもかかわらず,上関原発計画そのものが「中止」となったわけ
ではなく,今もなお原子炉設置許可へ向けた調査が継続されています.
原発は,今回のような事故が起こらなくとも,通常の運転で海に大きな
影響を与えます.

 上関町長島の海は,瀬戸内海の原風景を保存する「奇跡の海」として,
多くの研究者たちの注目を集めてきました.日本生態学会,日本ベント
ス学会,日本鳥学会は,生物多様性のホットスポットである「奇跡の海」
の良好な保存を強く要望してきました.海外の研究者たちも上関の動向
に熱い視線を送っており,4月10日,広島市で「奇跡の海を守ろう“カ
ンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性”国際シンポジウム」
が開催され,多くの方の来場を呼びかけています.

 研究者たちは,いつか瀬戸内海の原風景が復活するとき,この海こそ
が「よみがえりのための種子」になると言います.生き物たちの「声な
き声」の代弁者であるお二人の先生方のお話に耳を傾けてみませんか?

 お茶やお菓子の持ち込みも歓迎です.
 私たちの「今後」を共に語りましょう.


日 時:2011年4月3日(日)
    14:00から 第1部 向井宏さんを囲んで
    (「海の生き物を守る会」代表・京大特任教授)
    17:00から 第2部 加藤真さんを囲んで
    (京都大学教授・著書に「日本の渚」など)
    ※長島の自然を守る会からの報告も予定しています(交渉中).

参加費:無料(カンパ大歓迎です)

会 場:堺町画廊
    〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル Tel:075-213-3636
    e-Mail:sakaimachi-garow@h8.dion.ne.jp
    URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html


■4/10カンムリウミスズメ国際シンポジウムの開催!
奇跡の海を守ろう-“カンムリウミスズメと上関(瀬戸内海)の生物多様性”
日 時:2011年4月10日(日) 10:00-17:00
会 場:広島市平和記念公園内 国際会議場「ヒマワリ」
※プログラムや連絡先などの詳細は,以下のサイトをご覧ください.
https://sites.google.com/site/nagashimanoshizen/

☆せっかく行くなら,みんなでいきませんか?
新幹線でいくもよし,夜行バスでいくもよし.

■京都から広島・国際シンポジウム会場までのアクセス

◆新幹線 料金:10,280円(自由席)
  07:20京都駅発 → 09:05広島駅着(ひかり491号[広島行])
  07:43京都駅発 → 09:19広島駅着(のぞみ97号[博多行])

◆夜行バス JRバス青春ドリーム広島1号 料金:約5,000円
  21:40 京都発 → 06:11広島バスセンター(平和記念公園近く)着
 ※その他、WILLER EXPRESS社などが運行しています.

■お問い合わせはコチラまで
「奇跡の海」実行委員会@京都
e-Mail: kosaあgol.com(あ→@に変更)
電話・FAX:075-213-3636(堺町画廊)






posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 04:29| 京都 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。