2010年09月30日

川内原発:増設問う住民投票条例、薩摩川内市長が否定的意見添え提案/鹿児島

川内原発:増設問う住民投票条例、薩摩川内市長が否定的意見添え提案 /鹿児島
毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100929-00000291-mailo-l46

 薩摩川内市の岩切秀雄市長は28日、九州電力川内原子力発電所の3号機増設計画をめぐり、市民団体「川内原発3号機増設を問う市民投票実現の会」(荒武重信代表)が請求した住民投票条例の制定について「条例を制定する必要性は見いだすことはできない」という意見を付けて、9月定例議会に提案した。市議会は10月14日の本会議で請求代表者8人から意見を聴くなどして審議、採決する方針という。
 「条例制定の必要性がない」とした理由について市長は意見文書で「市議会が同計画に関する賛成の陳情を採択した」「住民投票実施を求める陳情を不採択にした」とし、さらに自身も「6月7日に増設に関し同意を表明した」ことなどを挙げている。
 条例制定は、同会が条例制定の直接請求に必要な有権者の50分の1(1634人)を超える5333人分の署名を集め13日、市長に本請求した。市長は地方自治法に基づき、請求を受理した日から20日以内に意見を付けて議会に提案しなければならない。【馬場茂】

9月29日朝刊






posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 23:58| 京都 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島第1原発:5号機保安規定違反 「取り違え」気付かず /福島

<福島原発>保安規定違反で再発防止策を指示
毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00000080-mai-soci

 東京電力福島第1原発5号機(福島県双葉町)で16日間、非常時に原子炉を制御する機能の一部が働かない保安規定違反があったとして、経済産業省原子力安全・保安院は27日、東電に原因を精査し再発防止策を講じるよう指示した。制御装置の操作を6号機と間違えたためで、県も大事故につながる重大な過失だとして東電に厳重注意した。

 保安院と東電によると、9月2日午前、非常時に原子炉へ冷却水を注入する「原子炉隔離時冷却系」のポンプを動かすタービンをテスト稼働させたところ、間もなく自動停止した。調査の結果、8月16日以降、タービンを制御する回路が切れた状態になっていて、タービンを動かす蒸気が通常より多く送られて止まったことが分かった。

 制御装置がある「共用建物」で同日、定期検査中の6号機の回路を切るつもりが、5号機の装置を操作してしまったという。東電社員が現場の担当者に誤った指示を出し、作業終了の報告を受けたものの、現場のチェックをしていなかった。【種市房子】








福島第1原発:5号機保安規定違反 「取り違え」気付かず /福島
毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000088-mailo-l07

 ◇3年ぶり 県、東電に厳重注意
 東京電力福島第1原発5号機(双葉町)で27日明らかになった非常時に備えた保安規定の違反は、定期検査中の6号機の回路と誤って切ったことが原因だった。作業計画立案から実施後のチェックまで4段階で「取り違え」に気付かず、ミスを重ねた。同原発3号機のプルサーマル計画が実際に動き出したばかり。県も看過できないとして、約3年ぶりという厳重注意をした。
 東電などによると、2日午前、テストのため非常時に原子炉へ冷却水を注入する「原子炉隔離時冷却系」のポンプを動かすタービンを稼働させたところ、間もなく自動停止。8月16日以降、タービンの制御回路が切れた状態にあったことが分かった。
 同日の2日前から定期検査に入った6号機の担当チームは、あらかじめ作っていた作業計画でそっくりな5号機の図面を使用。作業指示書は件名を「6号機定検のため」としながら、5号機制御板回路の場所を示して切断を指示した。チーム内で作業計画の審査と承認をする際に、図面が5号機であることにも気付かなかった。
 現場の作業員は指示書が5号機を指していることを認識しながらも、5、6号機を同時に切る装置と思い込んだ。最後の終了報告では、作業員は指示者に「指示書の作業は終わらせた」と抽象的に伝え、両者とも双方の思い違いに気付かなかった。
 県は27日、同原発の吉田昌郎所長を県庁に呼び、荒竹宏之・生活環境部次長が厳重注意した。吉田所長は「プルサーマル起動時に機器不調を起こしたことも含めて重く受け止めている。東電全体の問題として再発防止に取り組む」と応えた。【種市房子】







福島第1原発 別号機のケーブル外す 県が厳重注意
河北新報

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000015-khk-l07

 東京電力は27日、定期検査で福島第1原発(福島県大熊、双葉町)6号機の原子炉隔離時冷却系の制御ケーブルを外そうとして、間違って5号機のケーブルを外していたことを明らかにした。そのため、運転中の5号機の隔離時冷却系が8月16日から約半月間、作動できない状態に陥っていたという。福島県は27日、「重大な問題だ」と厳重注意。経済産業省原子力安全・保安院も、原因究明と再発防止策の報告などを文書で指示した。

 原子炉隔離時冷却系は、原子炉の水位が下がった際、ポンプで強制的に水を送る仕組み。専用タービンに送る蒸気量で水量を調節する。蒸気量の調節は、ケーブルを接続した制御装置で行う。
 
東電は8月16日、定検中の6号機でケーブルを外して点検するはずだったが、誤って5号機のケーブルを外した。そのため今月2日まで、運転中にもかかわらず、5号機の専用タービンへの蒸気量が最大のまま調整できない状態になっていた。
 
1カ月に1度行う5号機の隔離時冷却系の試験を実施したところ、タービンの回転数が上がりすぎて自動停止し、発覚した。
 
原因は、定検作業の内容を指示するためにプラントの設計図を印刷した際、東電社員が必要な6号機でなく、間違って5号機の図面を印刷していたため。
 
7月下旬に作業内容を審査した5人の社員や、実際に作業を担当した社員も見逃していた。
福島県庁で厳重注意を受けた福島第1原発の吉田昌郎所長は「心配をお掛けし、心より反省しています」と謝罪した。





福島第2原発:3号機、台風の影響で定格出力抑制 /福島
毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00000079-mailo-l07

 東京電力は26日、福島第2原発3号機の冷却水が減少したため25日午後11時40分ごろから、同機の出力を定格の110万キロワットから38万キロワットに手動で下げて運転したと発表した。
 台風12号の影響で海が荒れ、冷却水の取水口に設けた異物除去装置に大量の海草類が流入したためという。定格出力への復帰には数日かかる見込み。【長田舞子】

9月27日朝刊








posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 23:55| 京都 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

東電など最大級メガソーラー 米で来年6月操業目指す



東電など最大級メガソーラー 米で来年6月操業目指す
フジサンケイ ビジネスアイ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00000036-fsi-bus_all

 風力、太陽光による発電事業を手がける東京電力と豊田通商の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)は27日、米国カリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5000キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工する。

 太陽電池はシャープの薄膜型とよばれるタイプを採用する。総事業費は約2億2000万ドル(約185億円)。ユーラスと地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。操業開始から20年間、カリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に電力を販売する。

 ユーラスは、日本を含む6カ国で現地資本などと組み、風力を中心に出力計約190万キロワットの発電事業を展開している。今後5年間でさらに100万キロワット分の発電所を建設する計画だ。

 太陽光は韓国で08年5月に操業を始めた994キロワットの発電所1件だけだったが、今後は今回の発電所も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万キロワットをメガソーラーでまかなう。

 米国では、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスでは「米国の太陽光発電の市場規模は今後、年率40%程度の成長が見込まれる」といい、米国でのメガソーラー事業を拡大していく考えだ。

 メガソーラー建設の許認可手続きなどは風力発電と似通っているため、これまでのノウハウを生かして事業拡大ができるという。

 ユーラスは、今後の事業拡大に備え今年2月に株主の東京電力、豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施している。東電のユーラスへの出資比率は60%。東電は20年までの経営計画で二酸化炭素(CO2)排出のない電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスを通じて海外での風力や太陽光発電事業を拡大する方針だ。(粂博之)







posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 00:25| 京都 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。