2010年03月29日

満月の夜に一緒に未来を考えよう。3月30日(火)『ぶんぶん通信no.1』とトークライブ『上関の現在・原発と温暖化』@ビレッジ・京都

満月の夜に一緒に未来を考えよう〇



『ぶんぶん通信no.1』六ヶ所ラプソディーの鎌仲監督とグループ現代がこの春に完成予定の新作『ミツバチの羽音と地球の回転』。その制作途中の報告を兼ねたビデオレター。山口県祝島での撮影を中心に新作で描こうとしている今まさに起きている現実を報告します。(2009年)

no.1では千年以上祝島に伝わる祭り「神舞(かんまい)」の様子を中心に、28年間原発建設に反対し続け、海を守り続けている祝島の人々の姿が映し出されています。国民投票で脱原発を決めたスウェーデンの取り組みの取材も必見☆

『日本では電力自由化がされてないの?変えなきゃダメだ!』


なんと今回は夢の対談が実現しました!日本中動き回って、脱原発を目指す旅を続けるファシリテーター冨田貴史&京都で若い人たちに圧倒的な支持を得た、地球環境保護団体ガイアのチイさん(神田英)&上関で祝島島民と原発建設阻止を続ける虹のカヤック隊の「あーすがいど」ランボウ

☆チイさんは温暖化防止のためなら原発も仕方がないと語る。その真意は?そして冨田とランボウはどう答えるか?チイさんとはここで初めて会うから、一切打ち合わせ無しのライブセッション♪本音以外何もいらない☆

☆不思議なつながり。初めてお互いのことを知り、初めて会う二人。チイさんはずっとアフリカのケニアで植林活動やスタディツアーを開催している。「あーすがいど」として活動を始めている27歳のランボウは今ケニアへのスタディツアーを企画している☆



@ビレッジ(京都北白川)
3月30日(火〇満月)19時半受付開始。20時スタート。

『ぶんぶん通信no.1』 上映 20時半から70分。

22時からトークライブ『上関の現在・原発と温暖化』

23時頃から座談宴。気のすむまで…☆

ナチュラルフード・ビレッジから心と身体にやさしい自然食が軽食・つまみ程度に提供されます☆☆☆参加費1200円(上映料込み)+1ドリンク以上オーダーして下さい。

連絡先・08038638159
houkaibou@softbank.ne.jp(よし)

0757123372(ビレッジ)
別に予約はいりませんが、人数を把握したいので事前に連絡をいただけると幸いです。


posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 01:52| 催し・上映会・企画の案内だよ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

3月25日(木曜日)『ぶんぶん通信No.1』上映会@よるのみずべ・京都・元田中




映画『ミツバチの羽音と地球の回転(仮題)』の制作過程を公開する、
ビデオレターの上映会を行います。

持続可能な、
地球と調和した暮らしをめざして。



『ぶんぶん通信No.1』上映会

2010年3月25日(木曜日)

会場:よるのみずべ(住所叡山電車「元田中」駅近く)
メール:yorunomizube@mail.goo.ne.jp
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yorunomizube/



開場:18時半
上映:19時より(70分)

上映後に交流会を予定しております。
感想・情報をわかちあいましょう!

会費:600円
祝島のびわ茶付き



『ぶんぶん通信No.1』とは?

「六ヶ所村ラプソディー」に続く新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を制作中の鎌仲ひとみ監督が、
その取材過程をまとめたビデオレターとして「ぶんぶん通信no.1」を発表しています。

舞台は、山口県熊毛郡上関町の祝島とスウェーデン。

自然と共に暮らしてきた祝島の人々が直面する原発問題。
今でも島民の9割が原発に反対している祝島で
1000年以上続いているお祭り「神舞」の映像も収められています。

一方スウェーデンでは、
脱原発・石油に依存しない社会作りをめざして取り組む人々が登場します。
スウェーデンでは石油以外の燃料で車が走っていたり、
自分の望む電力を購入出来たり、
しかもそれが火力や原子力に比べても安い、
という市民の話も出てきます。

どのようなエネルギーを選択するのかが問われる今、
みんなが共に暮らしていける道筋のヒントが詰まった
素晴らしい内容です。

ぜひいろいろな方に参加していただきたく思っております。
よろしくお願いします。


主催:ぶんぶん京都の会・よるのみずべ
(ぶんぶん京都の会は、月1回定期的に鎌仲ひとみ監督作品を
中心に上映会や催しを企画していく会です。)
連絡先:090−8563−7922
s.takano@y3.dion.ne.jp(高野)


ぶんぶん京都の会は、月1回定期的に鎌仲ひとみ監督作品を中心に上映会や催しを企画していく会です。



各地で上映会が行われています。
関西の上映情報は下記をごらんください。
http://sites.google.com/site/achibun



『ミツバチの羽音と地球の回転(仮題)』公式ホームページ
http://888earth.net



お仕事帰りのかたへ、
軽食(粕汁:200円、塩おにぎり100円)をご用意いたしております。
ご予約は、
yorunomizube@mail.goo.ne.jp
まで。
(当日の15時まで承ります、とのことです。)



posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 21:02| 催し・上映会・企画の案内だよ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

高レベル放射性廃棄物の地層処分の宣伝ポスターを見たゲストのヨシさんから一言〜3月16日放送分

005.JPG




ゲストのよしさんのメッセージ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こないだのお正月に百万遍の郵便局に行ったら、去年までは無かった大きなポスターが貼ってありました。
そこには何が書かれていたかと言うと、

「もう目をそらす訳にはいかない現実があります。」

えっ、どんな現実?

「家庭から『ゴミ』が出るように、原子力発電からも『廃棄物』が出ます。」

何百年、何千年、何万年もたくさんたくさん放射能を出す高レベル核廃棄物。ドラム缶何十万本のゴミを捨てるところが無くて困ってるらしい。

「今この瞬間も『放射性廃棄物』は増え続けています。家庭の『ゴミ』には処分場がありますが、『電気の廃棄物』にはまだ処分場がありません。」

えーっ、大丈夫、大丈夫って言ってたじゃん。今さら何言い出すの〜?

「フィンランドとスウェーデンはすでに決めています。日本では、まだ、問題の存在さえ広く知られていません。」

おいおい。20年以上前のスリーマイルやチェルノブイリの事故の頃からみんな騒いでたじゃん。危ないゴミの棄て場所も無いんだから原発やめようっ、て●
誰が問題無い、問題無い、って国民の言うことにも耳を貸さずに、国民の目をそらすように仕向けてきたの?政府と電力会社じゃんか!

「あなたはどう考えますか?『電気の廃棄物』問題。」

今さら国民に丸投げするなよ〜。まぁ問題を認めて国民に相談するようになっただけでもマシな変化やね。

「『地層処分』で解決に取り組むNUMO」

『地層処分』って地下300m掘って、高レベル廃棄物を何百年も管理し続けて、やがては埋めちゃうらしい。岐阜県の瑞浪市に超深地層研究所ってのがあるって聞いて、見てきました。
でもここは研究だけで、実際にゴミは持ち込まれない約束になっている、と言っていました。

どっかに埋めるとこなけりゃいけないんだよね〜。

よしっ☆じゃあ京都に作ろう!
これから何百年も冷やし続け、管理し続けなきゃならない、『核のゴミ』をこの町に集めよう! 大阪に作ろう!
東京に作ろう!
電気をたくさん使っている都会に高レベル廃棄物の最終処分場を誘致しよう☆イヤなものだけ過疎地に押しつけるのはやめよう♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
持続する社会を考える「ぶんぶん通信」関西あちこち上映ツアーが始まっています。5月22日の生物多様性の日の大阪、山口、東京などでの同日パレードに向けて、みんなで繋がって、変えて行けるちからをGETしよう!!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上よしさんのメッセージです。

008.JPG



posted by 再処理を案ずる府民の会、高野潔樹 at 12:00| トーク・対談など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。